2022年5月11日水曜日

第1489回例会(横山年度第20回)

2022年5月10日(火)12:30~ 熊野大社證誠殿

横山仁会長挨拶

 今月2日黒澤エレクトの会社2階でクラブ協議会があり、次年度会長方針をお聞きしました。
早速本日例会終了後クラブ管理運営委員会の委員会があるようです。私と安部幹事は南陽高校の校長先生が変わったのでご挨拶に行きますので、すいませんが欠席となります。黒澤年度も徐々に始動してきているなと感じました。
 今月は青少年奉仕月間となっております。今月6日次年度地区のインターアクト委員会がズームでありました。次年度の委員長は上山クラブの枝松さんという女性ですが、地区協議会の分科会での委員長挨拶で涙を流しながらの挨拶は素晴らしかったと感じております。寒河江RCの我孫子PGも感動しておりました。内容は省略させて頂きます。
今回の委員会では参加者全員ミュートを外しお互いにこれからの委員会の在り方やインターアクターともっと交流を深め地域社会の活動に積極的に参加した方が良いのではないかなど、さまざまな意見があり委員会と言うより意見交換会という事でとても充実した内容の委員会でした。
 今月20日には今年度インターアクト連絡協議会が各高校の顧問の先生を含めズームでありますが、来月の年次大会の最終の打ち合わせがあり、今年度最後の協議会となります。今日例会終了後安部幹事と南陽高校へいく事となっておりますが、年次大会は全員出席となっておりますので後程青少年委員長の直人さんより案内が来ると思いますが、多数のご出席宜しくお願い致します。
 次に7日は山形南RCさんの50周年式典があり和田PG安部幹事と参加して来ました。先月山形RCさんの70周年にもお邪魔してきて思いましたが、他のクラブさんは姉妹クラブや友好クラブがあり山形クラブの髙橋会長や山形南RCの金田さんからも話をお聞きしましたが、年1回はお互いに行き来してお互いに親睦を深めてますよと話しておられました。当クラブも以前は福島のクラブさんとあったようですが、なくなってしまったとお聞きしております。数年前東日本復興支援で石巻西RCさんと交流してきましたが友好クラブにと思い大竹副会長が色々と動いてくれましたが、コロナ感染拡大により保留となっておりますが、そろそろもう一度打診してみてはどうかと思いますので近々大竹副会長宜しくお願い致します。
 先ほども話しましたが、次年度のインターアクト委員会は今までとは違うスタイルで行きたいと佐藤GEのお話と青少年副委員長となっている寒河江クラブの遠藤君が張り切っているようです。今までの年次大会は1日だけですが来年6月は鶴岡の高校がホスト校ですので1泊か2泊でやりたいねと佐藤GEが言っておりました。当時南陽高校の顧問だった葉っぱ塾の八木先生の時は年次大会を1泊でやっていたとの話もお聞きしましたが、コロナ過で学校の方針もあり難しいのではないかなとも思っております。いずれにしても、もっとインターアクター、ローターアクターが活躍できる場を我々ロータリアンが作っていかなくてはならないし、インターアクターが社会人になった時にロータリークラブやロータリアンから受けた恩恵を世界各国や地域社会そして地元企業に貢献して頂けるように頑張って貰えればありがたいなと思っております。以上


幹事報告 安部直樹幹事

*5.7 山形南RC50周年に参加
*5月のロータリーレート 1$130円
*4.26開催理事会報告
        → IAC年次大会、6.3 「蔵楽」 南陽IACがホスト、全員登録、但し人数制限有り
  → 5.12 会員セミナー、会員全員が対象
        → 退会届け1名あり
        → 年度替え例会の在り方、アンケート集計中

次年度委員長委嘱状交付
本田財団委員長、松田親睦活動委員長


委員会報告
*次年度管理運営委員会
        → 例会終了後委員会開催
*会員セミナー講師 和田PG
        → 会員セミナー後、例会の在り方についてクラブフォーラムの時間を設けます

5月会員誕生
本間宗一君、金子公男君、菊地陽一君、漆山義明君

スマイル

松田拓也君・・・本間さんと父が同級生、関係が深いなぁ
菊地陽一君・・・サクランボ今年は沢山実りそうです、是非ご来店を
佐藤文男君・・・会員増強大委員長として挨拶
沼澤一茂君・・・早退スマイル
黒澤信彦君・・・次年度委員長、次年度方針を宜しく
横山 仁君・・・IAC大会、南陽IACがホスト、多くの参加を
安部直樹君・・・幹事職、あとわずか
髙橋則雄君・・・早退スマイル
本間宗一君・・・松田君のお父さんと同級生、最近判明

プログラム

次年度、黒澤年度の会長、並びに各大委員長方針発表
黒澤次年度会長
佐藤文男次年度会員増強委員長
漆山義明次年度職業奉仕委員長
本間宗一次年度国際奉仕委員長




桑原次年度幹事より、次年度の予定

6.17クラブフォーラム
7.5 クラブ協議会
7.19 G公式訪問




2022年5月3日火曜日


黒澤年度第1回クラブ協議会

2022/05/02  18:30 黒澤ファーム Meeting Room

 黒澤次年度会長より、クラブ運営の方針の説明
また各大委員長に詳細な指示が示されました。




美味しいお米は 黒澤ファームで

 

2022年4月26日火曜日

黒澤年度 第4回 臨時理事会 2022・04.26



*社会奉仕、地区補助金交付額決定

*クラブ協議会の日程調整

*ガバナー公式訪問の日程  など

第1488回例会(横山年度第20回)

第1488回例会(横山年度第20回)

2021年4月26日(火)12:30~ 熊野大社證誠殿

横山 仁会長挨拶


 23日山形のメトロポリタンで山形クラブさんの70周年記念式典に参加して来ました。和田PG,安部幹事と参加予定でしたが、急遽幹事が諸事情によりいく事が出来ず、大竹副会長と参加しました。式典では髙橋会長から山形クラブの歴史についてのお話がありました。山形クラブさんはロータリークラブに加入する前は山形水曜倶楽部という名前で第1回の会合は山形商工会議所で集まりをしていたとお聞きし、1950年6月にクラブ創立、8月にRIより認証され正式に山形RCとして発足に至った経緯だと説明がありました。認証番号は7587番でなごやかなと言う意味合いだという事です。スポンサークラブは、東京、仙台RCで特別代表は東京RCの柏原孫左衛門氏という事でした。山形クラブさんでは今までに16のクラブを創設し、南陽クラブさんも山形クラブさんがスポンサークラブという事でした。
 山形県では1番歴史のあるクラブであり、ガバナーを5人も排出しているクラブさんで、現在は会員数が88名となっているそうです。70周年式典も2年間延期となり盛大にしましたがこれから80周年、そして100周年に向けての思いもお聞きしました。色々な寄付についてのお話もありましたが、1番古いクラブではありますが寄付に関しては1番ではないとの事で次年度から頑張りますと髙橋会長が言っておりました。
 懇親会に入り長谷川PGが実行委員長で、歓迎の言葉を述べた後懇親会が始まりましたが、最初は山形クラブさんらしく芸子さんが踊りを披露してくれてましたが、段々とドライアイスで会場が暗くなりステージでは、ショーパブのような感じで女性ダンサーが踊っていましたが、これに一番お金がかかっているのだと実感しました。大体どのクラブさんでも周年事業の会費は10,000円ですが、山形クラブさんは15,000円で特に料理も良いわけでもなく、一番のメインはやはりダンスだったのかと思うと少し残念でした。当クラブも30周年が終わり40周年に向かっておりますが、やはり会員増強をしていかなければならないのではと思っております。南陽クラブさんでは年会費が21万だったのを、16万まで減額したとお聞きしました。やはりこの時期高い会費では中々入会する方がいないのが現状ではないでしょうか?当クラブも会費については見直す必要があるのではないかと南陽クラブさんの話をお聞きし、つくづく思った次第であります。
 さて今月も残すところあと4日となりましたが、ゴールデンウィーク明けには次年度体制での活動が徐々に動き始めなくてはならない時期となりました。地区協が終わり、今後はクラブ協議会、臨時理事会と黒澤エレクトも忙しくなる時期でもあり、それに比例して田んぼも忙しくなる時期でもあり大変だなと思いますが、少ない会員数ではありますが会員皆様のご協力を得て頑張って頂きたいと思っております。本日は大委員長からの方針ということでのプログラムとなっておりますので以上で会長挨拶を終わります。

幹事報告 安部直樹幹事

*ウクライナ寄付 19名から
*本日 定例理事会

地区予算案の説明 黒澤エレクト




スマイル
黒澤 信彦君・・・・地区研修に参加、感謝。次年度宜しく。
安部 直樹君・・・・山形RC70周年式典、急遽欠席にお詫び
川井 利幸君・・・・早退スマイル
高橋 則雄君・・・・早退スマイル

プログラム
次年度各大委員会の方針発表でしたが、コロナ禍で日程がタイトで調整がつかず
急遽、クラブミニフォーラムに変更、意見交換をしました

*会員増強は、純増5名目標
*例会の在り方の徹底的見直しが必要ではないか
*日程がタイトであるが、次年度会長方針を示し、次期桑原幹事主導で
 クラブ協議会をきちんと進めていく

2022年4月21日木曜日

次年度委嘱状交付式・観桜会

第1487回例会(横山年度第19回)

2022年 4月19日(火)18:30~ 熊野大社證誠殿

横山仁会長挨拶

 17日日曜日鶴岡で地区協がありクラブ会員数名で出席して来ました。12時45分から分科会が始まり青少年委員会に参加して参りました。カウンセラーに矢口ガバナー、昨年同様青少年大委員長は酒田クラブの阿部委員長で来月5月は青少年奉仕月間ですので31日の例会にお呼びして卓話を頂く予定となっております。インターアクト小委員長には今年度同じ委員だった上山クラブの枝松さんという女性の方で次年度は会長も兼務という事で大変だなとつくづく思いました。カウンセラー及び青少年委員会大委員長からの次年度の方針及び体制のお話があり、今まではインターアクト、ローターアクト、ライラ、青少年交換4つの小委員会の委員長だけで活動してきたようですが、次年度は小委員長だけではなく、委員も積極的に委員会やセミナーに参加し、活動して頂きたいとの事でした。5大奉仕の一つでもある青少年奉仕をより良い活発な委員会にしたいとの思いもあり、充実した内容の深い分科会になったのではと思いました。先週も南陽高校インターアクトクラブ顧問の菊地先生をはじめ、3人の生徒さんにも来ていただき資料など貰いましたが、6月3日は南陽高校をホスト校としての年次大会が開催されます。
 当クラブもホストクラブとして会員の皆さんにも是非ご協力頂き素晴らしい年次大会になるようお願いしたいと思っております。本日は観桜会となっておりまた新入会員入会式がありますので会長挨拶は以上とさせていただきます。

幹事報告 安部直樹幹事

17日地区協議会参加の方お疲れ様でした。次年度が更に当クラブがよりよいクラブになるよう期待致します。
・今週23日(土)山形RC70周年記念式典があります。和田PG、会長と私が参加して参ります。
・5月1週目は休日で例会ありませんので、次週26日例会終了後臨時理事会を開催します。
内容はインターアクトの年次大会について
・事務所は5月連休は暦通りですが恩地さんの諸事情により2日休みをとりますので、2日~5日まで事務所不在となります。
・ウクライナ支援募金ですが、今週末22日まで受け付けいたします。ご協力頂ける方は事務所へお願い致します。


新入会員入会式
渋谷尚哉君



スマイル   全員スマイル

次年度委嘱状交付式
黒澤信彦会長エレクトより役員・委員長に委嘱状が手渡されました。









懇親会・観桜会



間隔をとり感染対策を十分に行っての懇親会です。

出席報告
20名 出席率76.9%


2022年4月13日水曜日

4/12 第1486回例会(横山年度第18回)

第1486回例会(横山年度第18回)

2022年4月12日(火)12:30~ 熊野大社證誠殿

横山仁会長挨拶

 日曜日烏帽子山クリーン作戦多数の会員の方々に参加頂きましてありがとうございました。先日の例会よりも多くの会員の方に参加頂いた事本当に感謝しております。話によりますと、今年はさくらのつぼみが鳥についばまれ、あまり良くないとお聞きしましたが、今年は点灯式も行われ屋台も準備しておりましたので、桜が満開の時期には経済効果がアップするよう皆様に足を運んで頂ければと思っております。
 先週金曜日からアメリカジョージア州のオーガスタナショナル・ゴルフクラブでマスターズが開催されました。前年度王者の松山秀樹選手の連覇が期待されていましたが、世界ランキング1位のスコッティ・シェフら―が10アンダーでメジャー初優勝しました。松山秀樹選手は2オーバーの14位と連覇はなりませんでしたが、来年の優勝に向けて頑張って頂きたいと思っております。そしてタイガー・ウッズ選手も昨年2月の自動車事故から復帰しての参加となりましたが13オーバーの47位でしたが、リハビリを重ね出場できたことが素晴らしいと思いました。
 さて先週の例会出席数の件ですが、佐藤文男出席委員長からもメールがありましたが、欠席者が非常に多く、食事もかなりの数があまりました。久しぶりの例会開催ではありましたが出席率の低さに非常に残念に思っているところであります。南陽市内でも感染者が非常に多く、会員の皆様も例会出席には少なからず抵抗があるかとは思いますが、感染予防策に対して会長・幹事をはじめ、理事メンバーの方々には理事会などで意見、対策等、様々なご定案を頂き感染対策は万全にしておりますのでどうか心配せず、出席して頂きたいと思っておりますし、以前にもお話したと思いますが、ロータリアンの3大義務の1つでもあります。会費を払っているから出席しなくても良いのではなく、出席することが義務です。通常例会は45回くらいあるかと思いますが、コロナ過により例会数もかなり少なくなっております。私の年度も残り3カ月弱となりましたが、是非多数の会員皆様のご協力を頂き、出席率のアップに繋げていければと思っております。
 本日のプログラムは南陽高校インターアクトクラブ顧問の菊地先生をはじめ3名の生徒さんにも来ていただくこととなっておりますが、コロナ感染拡大により、本日は食事なしの出席を賜っております。のちほどご紹介致しますが、今年度はインターアクト年次大会が南陽高校をホスト校とし、6月3日に行われる予定です。以前から進めて参りましたが、感染拡大により、2年間延期となっておりました。先月17日の地区の委員会で開催する方向で決まりましたので会員の皆様にもご協力して頂き素晴らしい年次大会になるよう頑張って行きたいと思っております。なお今後のスケジュールや方針を顧問の菊地先生及び生徒さんからお聞きしたいと思っております。

幹事報告 安部直樹幹事
先週の理事会報告を致します。


1号議案 長井RC60周年記念式典
令和4年5月28日(土) タスパークホテル 午後3時~ 登録料1人10,000円
→ 参加者:和田廣、横山仁、鈴木晃市、黒澤信彦、大竹一晴、桑原利博、安部直樹 計7名

2号議案 地区研修・協議会
令和4年4月16日(土) 東京第一ホテル鶴岡 午前10時~午後5時
登録料1人3,000円 参加人数の確認
→ 黒澤エレクト、桑原次期幹事、大竹次期クラブ奉仕委員長、嵐田次期青少年奉仕委員長、梅津次期社会奉仕委員長、高橋眞己次期ロータリー財団委員長の6名での参加

3号議案 ウクライナ支援について(ロータリー災害救援基金)
クラブ内では寄付3月29日までとしたが、地区では4月末までとなっており、第6ブロックとしても25日までお願いしたいとの事。当クラブではどうすべきか。
→ 今月末(25日)まで寄付の受付を延長します。寄付可能な方は事務局恩地さんまでお願い致します。

4号議案 新入会員について
→ 事業所名:宮内印刷 氏名:渋谷尚哉 職業分類:印刷業 承認得たので氏名公開。
先週火曜に氏名公開を行い、本日まで皆さん異議申し立てありませんので、当クラブ細則第13条に則り、次週の例会にて入会式を行います。

5号議案 観桜会について
日時:4月19日(火)例会:午後6時30分~ 懇親会:午後7時~
場所:例会場
会費:3,000円(全員スマイル1,000円込)クラブ負担:3,000円
内容:例会にて入会式、次年度理事・役員・各委員長の報告、委嘱状の贈呈
懇親会は外部ゲスト無し、会員のみ。

6号議案 その他
例会場に設置しているアクリルパネルが1台が先日の地震で破損。
→ 1台家具のいいづか様より購入済。

スマイル
桑原利博・・・16日の地区研修会宜しくお願いします。
鈴木晃一・・・いつものスマイルです。
本田義則・・・孫が小学1年生となり楽しく通っているようです。
佐藤直人・・・久しぶりの例会出席。
安部直樹・・・残りの横山年度100%出席率目標に協力お願いします。
松田拓也・・・南陽高校インターアクトの皆さん宜しくお願いします。

山形県立南陽高等学校インターアクトクラブ様




1.2021-2022年度 第29回インターアクト年次大会について
2.4月24日(日)開催 第9回全国インターアクト研修会各地区インターアク トクラブ代表校の動画による活動報告について


出席報告
出席者18名

2022年4月10日日曜日

社会奉仕活動 Report 4/10  

春の烏帽子山公園クリーン作戦清掃奉仕に参加しました。


写真提供・社会奉仕委員長 漆山義明君



2022年4月5日火曜日

第1485回例会(横山年度第17回)

2021年4月5日(火)12:30~ 熊野大社證誠殿

横山仁会長挨拶

 今般コロナ感染拡大により1月11日新年会以来久しぶりの例会となりました。山形県内においてもいまだ感染者が増え続けており、置賜地方でも毎日感染者が出ております。皆様も感染拡大の中ではありますが気を付けてお過ごしいただければと思っております。
さて今月は母子と健康月間となっております。毎年5歳未満で命を落とす子どもは、世界で推定590万人とされております。いまだに毎日約18,000人の5歳未満児が命を失っております。その原因は栄養失調、適切な医療や衛生設備の欠如など、どれも予防が可能なものばかりです。予防可能な原因で母と子どもが命を落とすことなどあってはならないと、私たちロータリー会員は考えております。すべての母子が質の高い医療を受けられるよう、そして出産で命を落とす母親がいなくなり、子どもがすくすくと成長できるように、私たちロータリアンは支援活動を行っています。
 ロータリー財団ではロータリアンが下記の4項目の形で母子の健康を改善するのを支援しておりますとあります。
①5歳未満の幼児の死亡率と罹患率の削減
②妊婦の死亡率と罹患率の削減
③より多くの母子に対する基本的な医療サービスを提供、地域社会の医療、保健関係のリーダーと医療提供者を対象とした母子の健康に関する研修。
④母子の健康に関連した仕事で活躍していく事を目指す専門職業人のための奨学金の支援
 こうした取り組みにより少しでも多くの命を救おうと頑張っております。
今現在ロシア軍による侵攻が続く中、ウクライナ自治区の住宅や病院などが攻撃され一般市民は勿論ですが、子どもや患者さん、妊婦さんが犠牲となっております。本来安全であるはずの病院が安全ではなくなっている事が戦争の悲惨さを物語っております。未だ停戦の折り合いがつかないまま40日が過ぎました。この無意味な戦争が1日も早く終結すること、そして以前のような平和が訪れるよう世界中の国々、そして人々が願っております。また世界各国のロータリアンも更に人道的支援に協力していかなければならないと痛感しております。
本日は黒澤年度のペッツ報告がありますので以上で会長挨拶を終わります。



幹事報告   安部直樹幹事

*コロナの収束見通せません、感染対策をしっかりと。
*ロータリーレート 122円/ドル
*例会開催のガイドラインを変更、確認下さい。
*IMは中止。
*4/16 地区協議会、次年度役員4名出席予定。
*4/23 山形RC 70周年。
*5/7 山形南RC50周年。
*5/28 長井RC 60周年。
*本日 理事役員会。
*ウクライナ支援、支援金募集期間延長を理事会にて協議予定。

委員会報告
*社会奉仕委員会・・・・・4/10 烏帽子山公園クリーン作戦です、是非参加を!
*情報委員会・・・・・・・ロータリーの友、見どころ紹介。

お誕生お祝いです!今回は1月〜4月誕生をまとめて、Happy Birthday!!


スマイル
*黒澤 信彦君・・・・PETS報告します、次年度は絶大なるご協力を!
*佐藤 文男君・・・・出席委員長として力不足でした、低出席率。
*鈴木 常雄君・・・・母の葬儀に会員の皆様にお香典、献花、ありがとうございました。
*大竹 一晴君・・・・娘、射撃全国大会出場、父親、コロナ感染に気を遣いました。
*梅津 秀樹君・・・・烏帽子山公園、ライトアップ楽しみにして下さい!
*安部 直樹君・・・・長女、自衛隊に入隊。
*和田  廣君・・・・3ヶ月ぶりの例会に参加。

PETS報告    会長エレクト 黒澤 信彦















2022年3月9日水曜日

3/8 例会中止に伴い会長挨拶並びに幹事報告

南陽市内に新型コロナウイルス感染者が日々報告されており、独自のガイドラインに則り例会を中止しております。
例会が開催できない代わりに会長挨拶、幹事報告をここに記載させて頂きます。

横山会長挨拶 

 今般オミクロン株の感染拡大により1月11日新年会から例会中止となっております。県内では毎日3桁の感染が確認されており、南陽市内に於いても少人数ではありますが毎日感染者が出ているのが現状です。会員の方数名からは例会開催の要望もありますが、オミクロン株はほとんどが無症状で重症化することがありません。県内でも重症者はいませんが、例会にて感染者が出た場合会社の運営に支障がきたすことを懸念しての措置という事をご理解して頂きたいと思います。

 当社の事務員も幼稚園のクラスターで子供さんから感染し、PCRの結果家族全員が陽性となり2週間の休みとなりました。一部の業務を任せておりその間完全に起動しなくなり支障が出たことは会社にとっても大きな損失でした。またドライバーの子供さんも要請反応でしたが幸い本人は陰性でしたので1週間の自宅待機となりましたが閑散期の為業務には支障はありませんでした。

 そんな中で例会を開催し万が一、会員間で感染してしまえば皆さん会社の経営に支障がきたすことは避けることが出来ません。ですから当面の間例会の開催は控えるという事でご理解とご協力を賜りたいと思っております。

 話は変わりますが、先日公徳会にお邪魔して安部幹事とRACの佐藤会長に助成金の贈呈をしてまいりました。

 コロナ過ではありますがロータリークラブとしてまたロータリアンとして今何が出来るのかを大委員長はじめ、各委員会の委員長と連携し考えていかなければならないと思っておりますので会員皆様のご意見を頂戴し活動をして行ければと思っております。出来る限り休会の場合会長挨拶及び幹事報告は毎週行いたいと考えておりますが会員の皆様にも色々なアイディアを出して頂きブログにアップしていければと思います。

 2月25日にはZOOMでインターアクト連絡協議会がありました。2年間コロナ感染拡大の為延期となっていましたが、6月3日に南陽高校をホスト校とした年次大会が開催される予定です。今月17日には地区事務所でインターアクト委員会が予定されており出席してきますが、年次大会は全員登録となっておりますので会員皆様の多数ご参加そしてご協力の程宜しくお願い致します。


幹事報告

 会長挨拶にもありますが、まずは会員の皆様には例会が開催できていない事、誠に残念であり、大変申し訳なく思っております。以下幹事報告といたします。

1.ウクライナ支援について

 2021-22年度 ジョン・ジャーム ロータリー財団管理委員長より、ウクライナでの悪化する人道的危機に直面している地区を支援するためのメールを転送致します。尚、2800地区として独自の支援については財源も含め検討中との事です。

2.3月のロータリーレート

1ドル=116円

3.南陽ローターアクトクラブ 下期助成金贈呈

会長挨拶にもありますように、本来1日例会にて贈呈を行う予定でしたが、南陽RAC佐藤会長の勤務する公徳会にて、3月3日に贈呈を行いました。

4.臨時理事会の開催

 新型コロナウイルスがなかなか収束しない中で、ガイドラインの変更も視野に入れ、例会をどうするか協議したいと思います。次週15日(火)の午後1時30分より事務所にて臨時理事会を開催致しますので、理事役員の方はご参集願います。

5.IM(インターシティーミーティング)について

 令和4年4月24日(日)に小国RCがホストクラブとし、2800地区第6ブロックのIMが開催されます。登録料はクラブ全会員となっておりますが、参加者は各クラブ4名以内と制限があります。参加者については理事会にて選考させて頂きます。

6.南陽東ロータリークラブを名乗る不審なメールについて

 先般当クラブ会員より、南陽東ロータリークラブ名でファイルが添付されたメールが届いたが、開いても何も表示されない、電話番号がクラブの番号とは違う内容であるが、何なのかと問合せがありました。恐らくウイルスが添付されたメールだと思われます。
 ウイルス付のメールは圧縮ファイルが添付されてあったり、エクセルのファイルが添付されている傾向があります。メールの本文を確認し、住所や電話番号が違っていないか、文章が変な日本語ではないか、確認しファイルを開くように願います。尚、事務所のパソコンはウイルス駆除ソフトにてチェックしましたが、問題はないようでした。

以上


2022年3月8日火曜日

次年度 黒澤年度 第2回臨時理事会

2022/03/08 Rotary Office


 

 1、地区補助金申請の社会奉仕活動について

 「おりはた駅グレードアップ計画」(仮)理事会にて承認、詳細は後日に広報。

2、今後の地区の日程についての確認、PETS、地区研修協議会など。

3、新旧大委員長の引き継ぎは、一同を介してのミーティングは行わない。

4、次年度のクラブフォーラムは、五大奉仕委員長が主催で。

 



 

 

 

2022年1月12日水曜日

第1484回例会(横山年度第16回)




第1484回例会(横山年度第16回)

2022年1月11日(火)18:00~浪重稲荷神社

新年恒例、浪重稲荷神社(渋谷晏弘宮司)拝殿にて、会員の家内安全、身体健全、交通安全
商売繁盛を祈願、その後神社客殿において新春懇親会を開きました。




横山仁会長挨拶

新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

今般新型コロナウイルス感染拡大により第6波に入っていると専門家が言っている中、オミクロン株が国内で増加傾向にあり、沖縄県では過去最多の感染となり、また東京の感染率は1か月前より倍増しております。今後の感染拡大によっては医師や病床数の確保が難しくなっていると言われております。オミクロン株は重症化することがなく、大半が無症状為、以前のデルタ株よりも判別することが非常に難しいと言われております。その為医師に感染する確率も高く沖縄県では400名以上の医師不足で医療のひっ迫が懸念されているそうです。クリスマスから年末年始にかけ、イベントや帰省などで人流が一昨年より増えている中、今月9日から沖縄、広島、山口県ではまん延防止等重点措置が実施されております。時節がら新年会シーズンとなっておりますので皆様には感染対策に十分気を付けて頂きたいと思っております。

さて今月は職業奉仕月間となっております。皆さんもご存じのアーサーシェルドンの話ですが、ロータリーにおける職業奉仕の理念は「最も良く奉仕するもの最も多く報いられる」というモットーで表されております。シェルドンがミシガン大学経営学部のマスターコースで専攻した販売学を基本として1902年自らが設立したシェルドンビジネススクールで20世紀の経営学の基本理念として教えていた考え方をそのままロータリーが受け入れてロータリーの奉仕理念として提唱したものであり、自分の儲けを優先するのではなく自分の職業を通じて社会に貢献すると言う意図を持って事業を営めば、結果として継続的な事業の発展が得られるという独自の思考です。当時の人たちが、サービズという言葉から思い浮かべる事は神に対する奉仕、教会における奉仕活動や献金国に対する奉仕、国に対する忠誠や兵役、といった程度であって事業上における奉仕というまったく新しい概念を提唱したのはシェルドンが初めてだったそうです。

職業奉仕という言葉は1927年のオステンド大会で採用されたことによって使われるようになった用語ですから、ロータリーが創設された当時には職業奉仕という言葉は存在していませんでした。さらに当時のロータリーには社会奉仕や国際奉仕という概念も存在していませんからシェルドンの奉仕理念はロータリーにおける一般奉仕理念であり、5大奉仕の分化にともなって現在の職業奉仕理念に引き継がれてきたものだと言われております。ですから皆様もシェルドンの考え方をしていけば優秀な人材の育成そして企業の発展や向上繋がるものだと思います。

最後に私の年度が始まって以来、素晴らしい出席率となっております。このコロナ過の中ではありますが、皆様にご協力頂き残り半年例会出席宜しくお願い致します。以上


幹事報告 安部直樹幹事

*1月ロータリーレート 115円。
*新事務所開設、ご利用下さい。
*12/24 社会奉仕委員会、フードバンク活動、社会協議会へ寄贈。
 NCV、山形新聞で報道されました。継続事業として検討。
*地区より送金カレンダーに一部変更あり、詳細は幹事まで。
*2/15予定の3クラブ合同例会は中止、会員セミナーにプログラムを変更
 詳細は追って広報します。

SAAより
第1週例会のセレモニーは次週に、本日は全員スマイルです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PHOTO FLASH  New Year's party


















2021年12月24日金曜日

12/24 社会奉仕活動(SDGsの掲げる17目標の中の貧困・飢餓の撲滅及びフードロスの削減)

12月24日(金)に南陽市社会福祉協議会へ出向き、クラブ内で集めた食料品、生活用品を寄贈致しました。
活動内容としては以下になります。

1. 目的
SDGsの掲げる17目標の中の貧困・飢餓の撲滅及びフードロスの削減

2. 活動内容
近年フードロス活動が注目を浴びており、当クラブでも各家庭にある提供できるものを集め、コロナ禍で生活に困っている方への援助としたい。またロータリーの会員は多岐に渡る業種の方がおり、食料品は元より、生活用品を扱っている会員からは日常生活で使用されるものも提供頂き生活困窮者へ配布したい。
集めた物品は南陽市生活自立支援センターへ提供し、生活自立支援センター、地域包括支援センターで支援をしている対象世帯に配布をする。(配布作業は生活自立支援センターにて行う)

3. 活動頻度
年2~4回程度の継続的な活動を目標とし、支援センターからの現状報告等も踏まえ、出来る限り対象者の要望に沿った形で活動を継続していく。またロータリーでの活動の輪が広がり、会員の企業内でも同取り組みができれば、企業としての地域貢献活動にも繋がると思う。

今後も継続して活動を行っていく予定です。